「私は普段から気をつけているから、火災は起こさない自信があるし、保険はいらない!」
普段の意識が高いことは素晴らしいことですが、いくら気をつけていても、他人が起こす火災まで防げませんよね。
誰の身にでも起こりうる災害、それが火災です。
ひとたび火災が起きると、被害は甚大なものになります。
精神的にはもちろん、経済的な損害も大変大きい災害です。
経済面での備えは、きちんとできていますか?

スポンサードリンク

火災保険は商品比較が大切

火災保険は、火災や爆発、台風などの風災、雪災、地震といった災害から、家や家財を補償してくれるものです。
あらゆる建物(住宅、店舗、工場など)と家財(店舗だと、商品や器具や設備)が、その対象です。

基本的な補償と、臨時費用、片付け費用、地震火災費用、失火見舞い費用、といったプラスでもらえる補償もあります。
火災後にかかるお金は、家を建て直すお金だけではありません。
火災に関するあらゆる費用に対応できるようになっています。

そして保険料は、みんな同じではなく、建物の構造と地域によって違い、料率表をもとに割り出されます。
燃えやすい木造住宅と鉄筋コンクリートのマンションが同じでは、保険として成り立ちませんよね。

また、火災保険は建物や補償によって様々な種類が存在します。

・住宅火災保険 ・住宅総合保険 ・普通火災保険(一般物件用) ・店舗総合保険 ・団地保険 ・積立生活総合保険 ・地震保険などが例として挙げられます。

保険ごとに、対象範囲の災害や事故は変わってきます。
注意したいのが、火災保険は「建物のみ」「家財のみ」の契約が可能ですが、地震保険は、火災保険と合わせてでないと加入できないことになっています。
火災と地震、両方に加入するのがベストだといえますね。

ここ最近、消費者のニーズが高まり、今までにない補償(ドアロック交換費用・給配水管修理費用など)がつけられるようになったり、ノンスモーカーの割引があったりします。

また、いらない補償を外して、必要最低限の補償だけにすることもできるようになりました。
各社がそういった新しい商品を発表していますので、ぜひ比較してみてください。

火災保険は様々あります。
本当に自分にあったものを、色んな会社、商品を比較しながら選んでいくことが大切です。
万が一に備えるために、しっかりとした補償をつけていくようにしましょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

火災保険比較:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://hoken.121b.com/kasai/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。